移住定住コンシェルジュ 柴原 孝治


平成26年度から「地域おこし協力隊」として、白川村に着任し、様々な移住定住事業に関わる活動の中で、空き家の活用や白川村の情報発信、移住希望者の相談などを行ってきた。協力隊退任後も、空き家を改修した自宅兼カフェを営みながら、設立した法人で移住者の雇用を生み出すなど、引き続き、白川村に残り、移住定住活動を幅広く実践している。


Pocket