【公式】岐阜県への移住・定住ポータルサイト 大垣市 |4 ページ目 |市町村カテゴリ|ふふふぎふ 岐阜県

support city

医療支援

子ども医療費支給事業

高校生相当年齢者の18歳到達後初めて迎える3月31日までを助成対象とし、入院、通院医療費の全額を助成する。

医療支援

特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費のうち、県から受けた助成を控除した額について助成する。(限度額 10万円/回(妻の年齢によって回数制限あり。))

医療支援

一般不妊治療(人工授精)の助成

一般不妊治療(人工授精)に係る保険適用外の治療費について助成する。(1/2以内 上限5万円) ※3月~翌年2月の診療分を単年度の対象とする。 ※補助を開始した月から継続する2年間(最高10万円(5万円×2年度))

子育て支援

出産祝金(第3子以降)

第3子以降の出産に対し、出産祝金を支給しています。

子育て支援

親子バス利用支援事業

小学校6年生以下(妊娠中を含む)の子を連れた親子等または妊婦について、市内バスを無料で利用できるようにしています。

移住定住サポーター

井口 清彦

子育て支援

病児保育室

子どもが病気の時、病気は回復期でまだ学校に行けないけれど、お仕事が休めない時に、小学校3年生までの子どもをお預かりしています。

子育て支援

留守家庭児童教室

仕事から帰るまでの時間、放課後や夏休みなどの学校休業日に、小学校4年生までの子どもを小学校に併設された「留守家庭児童教室」でお預かりしています。

その他
その他就業支援

スタートアップ支援事業補助金

市内において新規創業または第二創業をする者を支援するため、創業に係る経費の一部を補助する。

※上限100万円(申請期間:令和3年12月28日まで)

その他

子育て世代等移住定住活動費事業補助金

県外に住む子育て世代等が、大垣市への移住を前提とした活動(住居や仕事を探す活動、地域情報の収集活動)を行った場合にレンタカー費用、宿泊費用及び大垣市までの交通費の2分の1(上限6万円)を助成。主な要件   ・県外居住   ・中学生以下の子育て世帯(妊娠中を含む。)、または夫婦いずれか一方が39歳以下の世帯もしくは34歳以下の単身世帯