≪満席≫【東京】TURNSのがっこう-岐阜科-2限目「農業」【2019.7.21】

「農あるくらし」に憧れる方も、本格的に「農業」を仕事にしたい人も!

地方暮らしに興味のある人ならば、「いつかは自然のある場所で農的暮らしをしてみたい」そんな風に漠然と「農」への憧れを抱いている人もいるでしょう。

だけど、「何から始めればいいのか分からない」「場所はどこにする?」「かかる費用は?」「必要な知識は?」など、疑問が多く、一歩踏み出せない人も多いはず。

また、「農業」といっても、
・本格的に働く=就農する
・農業をしつつ、他の仕事も並行して行う(半農半X的な暮らし)
・農業体験ツアーなどに参加する
・田んぼオーナーなどになり、地域に通う
・こだわって食材を購入する

など、関わり方は様々です。

今回の2限目は、そんな自分にとっての「農」の関わり方を模索していく授業です。

“答え”は、決して1つではありません。
みんなそれぞれの「農」との関わり方があって良いのです。

講師は2人!「就農」実践者と「農的暮らし」実践者


◆海津市のトマト農家・川畑恒さん。

“頑張ったら頑張った分、収入を得られるのが「農業」の魅力”

農業って儲からない&体力的に大変だと思っている人、結構多いのではないでしょうか?

ですが、講師の川畑さんは、ちゃんと農業で“稼ぎ”ながら、家族との時間も増やし、仕事もプライベートも充実させている人です。

そんな川畑さんからは、
「就農してぶっちゃけ、どのくらい儲かるの?」
「体力的にきつくないですか?」
「初期投資はいくら必要なの?」
など、リアルな就農トークをお聞きできます!


岐阜県が独自に開発した「トマト独立ポット耕栽培システム」。このシステムのおかげで「冬春トマト」が出来上がる。


◆東白川村で豊かな米づくりを。冬は北海道で別事業。
二足のわらじを持つ「自然農縁 月とたね」大西紘記さん。

20代から国内・海外など様々な土地を訪れたのち、2015年から東白川村に移住し、お米づくりをはじめた大西さん。
大西さんがつくるお米は、4種類。人と人との繋がりである“縁”を大切にしながら、無農薬・無肥料・自然栽培で丁寧に作られています。
それだけに留まらず、冬は北海道の地で氷の建築物・アイスホテルの技術者としても働いています。

専業農家だけじゃない、色んな「農」の関わり方・働き方があっていい。

大西さんからは、そんな「農」との関わりながら“生きる”ヒントを学びます。


「自然に寄り添い、自然のままに、“種から種へ”と未来へ繋げていく」という考え方を大切にしている。

この授業を終えた後には、

“農業って色んな形があっていいんだ”
“今の生活にも「農」を取り入れられそう!”
“農業って、なんだか楽しそう!”

そんな風に思ってもらえたらと考えています。
みなさんそれぞれの「農」の関わり方を、一緒に見つけましょう!
ぜひご参加ください。お待ちしております~!

 

\こんな方に来てほしい/
・「就農したい」「農」に関わる仕事をしたいと考えている人
・将来は、農的暮らしを楽しみたい人
・岐阜県に興味のある人
・岐阜県にUIターンを考えている人

\学べるポイント/
・農業の始め方、始めるまでの準備
・農業でお金を稼ぐ魅力
・海津市や東白川村での暮らしの魅力
・農的暮らしの楽しさ、魅力

\岐阜県産の食材を使ったランチ付き!/
岐阜県美濃加茂市出身のminokamo・長尾明子さんの料理がランチとして出ます!
長尾さんのつくるメニューは、美味しいだけじゃなくて、見た目も色鮮やか。眺めているだけで元気が出てきます。(もちろん長尾さん自身もパワフルで、とてもチャーミングな人!)

岐阜の自然の中で育った食材を味わいながら授業を受けられる、なんとも贅沢なひと時を体験できます◎


※写真はイメージです。

講師

川畑恒さん(海津市)
トマト農家
埼玉県出身。前職は、製造業の会社員として働いていたが、妻の実家が花農家であり、繁忙期などに手伝いをする中で農業は魅力的な仕事であると実感。H28年度、岐阜県就農支援センター(冬春トマト)の研修生として岐阜に移住し、翌年から、岐阜県海津市で就農を始める。また、以前から「自分の人生の舵取りは、自分でしたい」と考えていたので、努力をしたことが結果(収益)に結びつく農業という仕事にやりがいを感じている。
大西紘記さん(東白川村)
「自然農縁 月とたね」
1980年生まれ。21歳の春、本当にしたい人生を歩き始め、旅した長野県で農業を経験する。2007年北海道へ移住後、様々な農家で働き、氷の建築と出会い携わり始める。その後、東日本大震災を機に人生を見つめ直し、一生続けたい生き方を探す。2015年、心と時間の自由、食料の自給を叶えるため「自然農縁 月とたね」を岐阜県東白川村で始め、豊かなお米をつくり、販売をしている。夢は、豊かさを代々へ繋ぐこと。

進行

小林 謙一氏
郡上カンパニー事務局/郡上市移住相談員/(一社)郡上・ふるさと定住機構 業務執行理事/NPO法人ななしんぼ 副理事長

1967年 埼玉県生まれ。小中学校を栃木県で過ごし、高校から千葉県へ。専門学校を経て、東京で約20年間CGディレクター、プロデューサーとして映像制作に携わる。40歳の転機で岐阜県立森林文化アカデミーに入学するため移住。環境教育を通して地域づくりを学ぶ。2009年から郡上市の移住相談員として従事しながら、中間支援NPOの立ち上げなど地域づくりに関わる。2017年より共創で移住と新規事業づくりを実現する「郡上カンパニー」ディレクター就任。

堀口 正裕氏

「TURNS」プロデューサー/(株)第一プログレス常務取締役/TOKYO FM『Skyrocket Company』 内「スカロケ移住推進部」ゲストコメンテーター

北海道生まれ。早稲田大学卒。国土交通省、農林水産省、文部科学省等の各委員会への有識者としての参加や、BBT×JTB「ツーリズム・リーダーズ・スクール」、社会起業大学、丸の内朝大学等の講師他、全国各自治体の移住施策に関わる。新しいライフスタイル、本物の豊かな暮らしを追求し、雑誌『tocotoco』『カメラ日和』『LiVES』等の創刊に尽力。東日本大震災後、 日本を地方から元気にしたいとの思いから「TURNS」を企画、 創刊。これからの地域との繋がり方を提案している。

料理

minokamo 長尾明子さん

岐阜県美濃加茂市出身。ごはんで町を元気に!をテーマに、各地でその土地に根差したメニュー開発、キッチンプロダクト等のフードコーディネート、雑誌へのメニュー提案のほか、各世代が繋がるイベントなどをプロデュース。各地の郷土食、文化を取材し、紹介する活動も行っている。味噌料理も得意としている。

概要

日  時:2019年7月21日(日)12:00~14:30
場  所:Kai House(東京都千代田区岩本町3-9-5 K.A.Iビル1階)
アクセス:都営新宿線 岩本町から徒歩1分
JR山手線・総武線・京浜東北線 秋葉原駅から徒歩8分
定  員:20名(要予約)
参加費:500円(岐阜県産食材を使ったランチを含む)
内 容:1.岐阜県の紹介 2.講師トーク 3.ワークショップ&交流会

\同時開催/
・就農相談(ぎふアグリチャレンジ支援センター)
・就職相談(ジンチャレ!)
・移住相談(海津市、岐阜県)



 

チラシ(1,103KB)

申込み方法

以下の項目について明記の上、電話・FAX・郵送・メールのいずれかにてお申込みいただくか、
申込フォームよりお申込みください。

・ご住所
・参加者(氏名、年齢、性別)
・電話番号
・Eメール
・その他相談事項

≪満席となりました!≫
満席となりました。ご予約ありがとうございました。

 

参加申込・お問い合わせ

清流の国ぎふ移住・交流センター(担当:岩瀬)
電話:080-7749-3317
FAX:03-6273-4404
メール:gifu@furusatokaiki.net

 

Pocket