【名古屋】「風の人」と考えるローカルのこれから ミディアム・スローな美濃加茂暮らし【2018.9.10】

移住をして、まちに関わりたい人におすすめ!

 清流の国ぎふ暮らしセミナー9月名古屋会場のゲストは、
美濃加茂市まちづくりコーディネーターをつとめる加藤慎康さん。

 まちづくりのシーンでは、「風の人」=よそもの と言われたりしますが、
今回のゲスト・加藤慎康さんは、まさに「風の人」。

「風の人」が地域をどんな風に見ていて、どうなったら元気になっていくと考えているのか?
美濃加茂や周辺エリアへの移住者や、まちの様子などのお話から
一緒に考えていきたいと思っています。

移住への一歩を踏み出すきっかけにしてください。

同時開催!下記だけでもご参加可能

就職相談:ジンチャレ!ぎふ
個別相談:美濃加茂市、清流の国ぎふ移住・交流センター

====
岐阜県では、移住や地方暮らしに興味のある方に向け、
岐阜で活動する人、岐阜で暮らす人を毎回ゲストにむかえて

これからの暮らしをイメージする「清流の国ぎふ暮らしセミナー」を
ほぼ毎月開催しています。
====

イベント概要

日時:2018年9月10日(月)18:30~20:00
場所:大垣共立銀行 OKB Harmony Plaza 名駅(名古屋市中村区名駅4-6-7 名古屋ビルディング10F)
参加費:無料
定員:30名(予約優先)
主催:岐阜県

ゲスト ・ファシリテーター

(左)ゲスト 加藤慎康(かとうしんやす) 
大ナゴヤ大学初代学長/美濃加茂市まちづくりコーディネーター
成城大学経済学部卒業後、リンナイ株式会社に入社。2009年まちをキャンパスに見立て、誰もが学べる「大ナゴヤ大学」を開校。2013年「名古屋テレビ塔株式会社」入社。100m道路を活用した社会実験を行う。奈良にて農業を学ぶ傍ら、中山間地の課題を学ぶ。2016年より美濃加茂市に移住。

 (右)ファシリテーター 山田卓哉(やまだたくや)
大ナゴヤ大学学長(兼 NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク理事)
学生時代、地域のフリーペーパーをつくることを通じて地域の活動に関わるようになる。大手人材会社に入社したあと、一つの組織に限らず様々なプロジェクトに関わる働き方を模索。2017年9月から大ナゴヤ大学学長に就任。東海三県を大ナゴヤ圏として、ナゴヤの魅力を発見し「授業」として発信する活動を主にしている。

 

申込み方法

以下の項目について明記の上、電話・FAX・郵送・メールのいずれかにてお申込みいただくか、申込フォームよりお申込みください。

・ご住所
・参加者(氏名、年齢)
・電話番号
・Eメール
・その他相談事項

チラシ(PDF:1,790KB)

参加申込・お問い合わせ

清流の国ぎふ 移住・交流センター(名古屋)
TEL:090-2619-2102
FAX:052-261-7457
Eメール:gifu-ijuu@mopera.net

<下記メールフォームからお申し込みの方>
※Internet Explorer9以下をご利用の場合、正しく申し込みを完了できないことがございます。最新のブラウザ(外部サイト)を入手後にお申込みください。
※お申し込み後、「ふふふぎふ編集部(no-reply@gifu-iju.com)」からの自動返信メールがない場合は、お手数ですがTEL:058-272-8078(岐阜県地域振興課)までご連絡ください。
ご利用の携帯電話等の設定により自動返信メールを受信できない場合がございますので、「@gifu-iju.com」のドメインを受信できるよう設定をお願いいたします。

お申し込みフォーム 入力画面確認画面送信完了

まだお申し込みはまだ完了していません。
入力内容をご確認ください。
この入力内容で問題なければ送信ボタンを押してください。


イベント・セミナー名 【名古屋】「風の人」と考えるローカルのこれから ミディアム・スローな美濃加茂暮らし【2018.9.10】
お名前必須
ふりがな必須
年齢必須
性別必須
男性女性その他
メールアドレス必須

確認のため、再度入力してください。

電話番号必須
その他相談事項

お預かりする個人情報は、事務手続きのため、主催者、事務局で共有させていただきます。下記の事項をお読みになり、ご同意をいただいた上で個人情報の送信をお願いいたします。

1 お知らせいただいた個人情報は「岐阜県個人情報保護条例」に基づき保護され、以下の目的以外に利用されることはありません。
(1)お申込みいただいたイベントに関するご連絡
(2)岐阜県が主催する他の移住関係イベントに関するご案内
(3)お問い合せ等に対する回答としての電子メールや資料のご送付

2 また、以下の場合を除き、いただいた個人情報を第三者に開示、提供しません。
(1)本人の承諾がある場合
(2)公共の利益保護必要がある場合または法令に基づき開示を求められた場合
(3)1(1)ないし(3)に関する業務について、外部事業者に委託する場合

イベント一覧

Pocket