中止【大阪】清流の国ぎふ暮らしセミナー「岐阜で農業はじめませんか」【2020.3.14】

当セミナーは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止とさせていただきましたのでご了承ください。
事前にお申込みいただきました皆様には大変申し訳ございません。
ゲスト講師の方に伺いたいことがあれば、電話・メール等で承りますので、下記お問合せ先までご連絡ください。

「清流の国ぎふ暮らしセミナー」では、ゲストのお話しを通して、岐阜の魅力や岐阜への移住についての情報を得ることができます。また、講師の方々との交流を通じて、移住に関する疑問や不安を少しでも解消していただけるイベントです。

岐阜県で農業はじめませんか?

 岐阜県では、海抜0mから1000mまで、変化に富んだ自然条件と大消費地に比較的近い立地条件を生かして、多彩な農業が行われています。
 今回の清流の国ぎふ暮らしセミナーでは、岐阜県に移住して就農された方2名をゲストに招き、農業の魅力や就農するまでの苦労、そして現在の生活について詳しくお話しいただきます。
 何を作ろうか悩んでいる方、どこで農業をやろうか悩んでいる方、自然の中で働きたい方など、農業に少しでも興味がある方はぜひご参加ください
   就農相談から研修、営農定着までを一貫してサポートする岐阜県方式のサポート体制で、あなたの就農を応援します

====
同時開催!下記だけでもご参加可能です。
====
就職相談:ジンチャレ!ぎふ
就農相談:ぎふアグリチャレンジ支援センター
個別移住相談:県(清流の国ぎふ移住・交流センター)
====

イベント概要

日時:2020年3月14日(土)13:30~15:30(16:30まで相談可能)
場所:飛騨の家具館大阪(大阪市北区堂島浜1-4-4アクア堂島東館1階)
参加費:無料
定員:20名(予約優先)
主催:岐阜県

ゲスト講師

◼︎岸 健幸(えだまめ・ほうれんそう農家)  
 東京都出身。東日本大震災をきっかけに広告制作会社から農家に転身。
岐阜市に移住し、農家での研修を経た後、枝豆、ほうれん草栽培を始める。世界一の品質を誇る岐阜えだまめを全国の方に知ってらもらえるよう奮闘中。

◼︎加藤 正貴(トマト農家)
 京都府生まれ、滋賀県育ち。高山市のトマト農家での研修を経て独立し、今年で10年目。レベルの高い飛騨のトマト農家の中で、2019年最優秀単収賞を受賞。IoTの導入など独自の栽培方法を確立し、2年連続のNo.1を目指す。

 

チラシ (PDF:1,389KB)

申込み方法

以下の項目について明記の上、電話・FAX・郵送・メールのいずれかにてお申込みいただくか、申込フォームよりお申込みください。

・ご住所
・参加者(氏名、年齢)
・電話番号
・Eメール
・その他相談事項

参加申込・お問い合わせ

清流の国ぎふ 移住・交流センター(大阪)
TEL:090-4083-0231
Eメール:gifu-iju@yamamri.site

<下記メールフォームからお申し込みの方>
※Internet Explorer9以下をご利用の場合、正しく申し込みを完了できないことがございます。最新のブラウザ(外部サイト)を入手後にお申込みください。
※お申し込み後、「ふふふぎふ編集部(no-reply@gifu-iju.com)」からの自動返信メールがない場合は、お手数ですがTEL:058-272-8078(岐阜県地域振興課)までご連絡ください。
ご利用の携帯電話等の設定により自動返信メールを受信できない場合がございますので、「@gifu-iju.com」のドメインを受信できるよう設定をお願いいたします。

お申し込みフォーム 入力画面確認画面送信完了

まだお申し込みはまだ完了していません。
入力内容をご確認ください。
この入力内容で問題なければ送信ボタンを押してください。


イベント・セミナー名 中止【大阪】清流の国ぎふ暮らしセミナー「岐阜で農業はじめませんか」【2020.3.14】
お名前必須
ふりがな必須
年齢必須
性別必須
男性女性その他
メールアドレス必須

確認のため、再度入力してください。

電話番号必須
その他相談事項

お預かりする個人情報は、事務手続きのため、主催者、事務局で共有させていただきます。下記の事項をお読みになり、ご同意をいただいた上で個人情報の送信をお願いいたします。

1 お知らせいただいた個人情報は「岐阜県個人情報保護条例」に基づき保護され、以下の目的以外に利用されることはありません。
(1)お申込みいただいたイベントに関するご連絡
(2)岐阜県が主催する他の移住関係イベントに関するご案内
(3)お問い合せ等に対する回答としての電子メールや資料のご送付

2 また、以下の場合を除き、いただいた個人情報を第三者に開示、提供しません。
(1)本人の承諾がある場合
(2)公共の利益保護必要がある場合または法令に基づき開示を求められた場合
(3)1(1)ないし(3)に関する業務について、外部事業者に委託する場合

イベント一覧

Pocket