【公式】岐阜県への移住・定住ポータルサイト 市町村の支援・補助金|地方移住・定住なら、ふふふぎふ|岐阜県 岐阜県

support city

その他

移住定住奨励金

・町外に住む者が、世帯主として町に移住した場合、世帯主が45歳以下に限り、1世帯年間5万(最長5年間)を支給。
・世帯主が45歳以上であっても、中学生以下の子どもが属する世帯を含む。(中学生以下の子ども一人につき、5万を加算)

その他

七宗町住宅用太陽光発電
システム設置事業補助金

町内の住宅に太陽光発電システムを設置し、国の補助制度を受けた者を対象とした補助(1kW当たり3万円上限4kW 上限12万円)

その他

雇用促進奨励金交付制度

町内で新規従業員を雇用する事業所及び新規学卒者に対し、下記のとおり「雇用促進奨励金」を交付する。
 ・雇用した従業員1人につき10万円
 ・新規学卒者へ10万円

その他

住宅用太陽光発電システム設置整備事業補助金

町内で住宅用太陽光発電システムを設置する人に、住宅用太陽光発電システム1KW当たり3万円(上限4KW、12万円まで)の補助をします。

その他

ふるさと定着促進補助金

大学等に進学し、卒業後にUターンする者、Iターンで移住する者が返還している奨学金の一部を補助(上限 年間6万円、期間10年間、町内在住者で29歳まで)

その他

公共交通システムの運用

路線バス及びデマンドサービスによる10人乗りワゴンを有償運行し、町内の無免許者、高齢者等の生活を支援。小中学校スクールバス及びJR利用の高校生通学バスの送迎運行により、通学を支援

その他

雇用促進奨励金事業

Iターン・Uターン等により村内に住所を移した人を、新規に雇用(常時雇用)した事業所へ、常用雇用者1人につき年額20万円奨励金を交付する。

その他

御嵩町移住交流・子育て応援ポータルサイト「みたけ暮らし」開設

本ポータルサイトの想定利用者は、主に子育て世代であるため、自然や生活環境などの地域資源の情報、空き家バンクなどの移住関連の情報とともに、結婚・妊娠・出産・子育てに関する各種行政サービスや親子で参加できるイベント情報など、御嵩町の暮らしやすさを発信できるように総合的なポータルサイトを作成し、情報発信している。
■御嵩町移住交流・子育て応援ポータルサイト「みたけ暮らし」 
URL:https://mitake-gurashi.jp/

その他

新エネルギーシステム普及支援補助制度

太陽光発電設備等の新エネルギーシステムを設置する方々に対して設置費用の一部を補助する。
①家庭用太陽光発電システム:1kWあたり2万円(上限10万円)
②事業所用太陽光発電システム:①と同様
③家庭用燃料電池システム(エネファーム):10万円(一律)

その他

工場誘致奨励金制度

工場新設の場合は1億5,000万円以上(中小企業にあっては、7,500万円以上)、増設又は移設の場合は1億円以上(中小企業にあっては、5,000万円以上)の投下固定資産に対して各年度に賦課された固定資産税額を限度とし、操業開始後初めて賦課された年度から起算して3年間奨励金を交付する。

その他

ふれあいバス

御嵩駅を中心に町内を巡回するバスを1乗車100円で運行している。

その他

ふれあいバス予約バス

タクシー車両を使った予約型の乗合運行を1乗車200円で運行している。

その他

運転免許証自主返納回数券補助

御嵩町、可児市の住民基本台帳に記載されている方で、全ての免許証を自主返納された方に対して、名鉄広見線の新可児~御嵩駅間の回数券購入金額の全額を支給する。(1回限り・3組以内)

その他

回数券購入補助

名鉄広見線の新可児~御嵩駅間の回数券を購入された方に対して購入金額の1/2を支給する。

その他

定期券購入補助

名鉄広見線新可児駅~御嵩駅の区間を含む定期券を購入された方に対して商品券を支給する(上限:2,000円)。

その他

木造住宅耐震診断事業

昭和56年5月31日以前に建設(着工)された木造住宅の耐震診断を無料で行い、診断の結果、耐震補強が必要な場合は、概算費用を算出する。

その他

木造住宅耐震補強工事補助

耐震診断で補強が必要となった住宅に対し、一定以上の耐震補強を行う場合に、改修工事費の8割(補助限度額110万円)を支給する。

その他

防災行政無線機配布

町民の方に防災行政無線機を無償で貸与する。

その他

若者等通勤就職者助成事業

村内に住所を置き、村外に通勤する若者(40歳未満)に対して、通勤費を助成する
月額20,000円