就職

古くから”モノづくり”の地として発展してきた岐阜県。現在でも、関の刃物・陶磁器(美濃焼)・美濃和紙などの伝統産業から、自動車・航空宇宙産業やIT産業まで、様々なモノづくりが盛んに行われています。
岐阜県には、業界の全国シェアNo.1を誇る企業、グローバルに活躍する企業、どこにも真似できない商品を出している企業など、個性豊かな就職先がたくさんあります。岐阜県で就職先を探すなら、まずは就職のワンストップ窓口「岐阜県総合人材チャレンジセンター(ジンチャレ!)」にご相談ください。

<就職の相談窓口>

岐阜県総合人材チャレンジセンター(ジンチャレ!)
Tel:058-278-1149

キャリアカウンセリングや地元企業の求人情報を提供しています。
また、東京・大阪・名古屋の移住相談窓口でも「個別就職相談」を開催しています。

起業

岐阜県では、新規開業される方や新規開業から5年未満の方を対象に、低金利でかつ信用保証協会の保証を利用する際の信用保証料の全額を県が補助する「岐阜県中小企業資金融資制度(創業支援資金)」を設け、起業・創業に向けた資金繰りを支援しています。
また、(公財)岐阜県産業経済振興センターでは、県内で新規開業・新分野進出を目指す方を対象とした、「ぎふ起業家育成塾」(有料)を開講しており、起業に必要な専門的・実践的な知識やビジネスプランの作成などについて、学ぶことができます。さらに、起業・創業に関する各種相談も無料で行っています。

岐阜県内での起業・創業を考えている方は、お気軽にご相談ください。

<起業・創業の相談窓口>

岐阜県庁 商業・金融課
Tel:058-272-8374

公益財団法人 岐阜県産業経済振興センター
Tel:058-277-1090

農業

岐阜県では、変化に富んだ自然条件と大消費地に比較的近い立地条件を生かして、多彩な農業が営まれています。岐阜県に移住して農業にチャレンジしてみたい、という方を地域ぐるみで支援する体制も整っています。
岐阜県の就農支援は、農業技術だけでなく、新しい生活の応援まで徹底。農業関係者で構成される「地域就農支援協議会」と、農業関係者以外で構成される「就農応援隊」が、就農から経営の安定までを、農業と生活の両面から地域ぐるみで一貫してサポートします。2017年度には、県外からの移住者14人が新たに就農しました。このほか、農業法人等への就業に対する支援も行っています。

「稼げる農業」と「農村生活」をサポート
~ 岐阜県民ならではのトータルサポート ~

  • 農業関係者が
    農業経営をサポート

    ● 地域就農支援協議会
    県・市町村・農業委員会・JA・
    指導農業士など

  • 移住者
    移住者
  • 農業関係者以外が
    生活をサポート

    ● 就農応援隊
    金融機関・自治体・商工会・
    商工会議所・民間企業・移住支援団体など

稼げる農業までの 3STEP
~ 岐阜県方式による一貫支援 ~

  • STEP 1 農業がしたいと
    思ったら

    ● 就農相談・セミナー
    就農希望に応じた
    個別相談を実施

    ● 情報収集
    県内の就農に関する情報は
    「ぎふ就農ナビ」で検索

  • STEP 2 「稼げる農業」を
    目指す

    ● 就農研修拠点
    競争力がある農産物の生産研修
    (県内14カ所/2020年までには県内18カ所を予定)

    ● 就農給付金(資金の交付)
    研修中の資金を支援

    ● あすなろ農業塾
    先進農家へ弟子入り

    ● 就農準備支援
    農地や中古機械などの斡旋

  • STEP 3 経営
    安定のために

    ● 施設整備・機械導入支援

    ● 就農給付金(資金の交付)
    経営安定までの資金を支援

    ● 技術支援・経営支援
    就農後5年間、重点的に栽培技術の
    フォローや経営診断などを実施

3 STEP すべての段階で
ぎふアグリチャレンジ支援センター、地域就農支援協議会、就農応援隊がフルサポート!!

岐阜県は、市場価格が高く競争力のある農産物が多いのが特徴。
生産技術を学ぶための研修体制を整備するなど、就農相談から経営安定まで、地域一体となって支援します。

<新規就農に関する相談窓口>

ぎふアグリチャレンジ支援センター<(一社)岐阜県農畜産公社内>
Tel:058-215-1550[就農相談窓口]

メールでも相談を受け付けています。

Mail:agri-stock@gifu-notiku.com
件名を「就農相談」とし、本文に
住所(市町村)、氏名、年齢、職業、家族構成、農業経験の有無、連絡先」を
記載の上、ご相談ください。

林業

岐阜県は県土の81%(全国第2位)を森林が占めています。この豊かな森林資源を生かして県では「ぎふの木で家づくり」「ぎふ木育」など様々な事業を推進しており、岐阜県民にとって「木」はごく身近な存在であり誇りでもあります。

昔から大切に守られてきたこれら森林を維持管理しながら、育成した樹木を伐採して木材資源を生産する「林業」をしてみませんか。移住者や若手の新規従業も増えつつあります。

  • STEP 1 林業をしようと
    思ったら

    ● 林業就業について相談・面談
    森のジョブステーションぎふ
    ((公社)岐阜県森林公社内)

    TEL: 0575-33-4011
    岐阜県美濃市生櫛1612-2
    岐阜県中濃総合庁舎1階

  • STEP 2 就業前に
    体験する

    ● 林業就業支援講習
    新たに就業を目指す方に向けた無料講習。
    林業の基礎的な知識が習得できます。

  • STEP 3 就業したら

    ● 新規就業者への実地研修
    林業技術についての高度な研修

    ● 講習等受講の支援

<林業就業に関する相談窓口>

森のジョブステーションぎふ
((公社)岐阜県森林公社内)
Tel:0575-33-4011(代表)

伝統産業

岐阜県は数々の伝統産業が受け継がれるモノづくりのまち。歴史と職人の思いが込められた伝統的工芸品は多くの人を魅了しています。

  • 飛騨春慶

    飛騨春慶

  • 一位一刀彫

    一位一刀彫

  • 美濃焼

    美濃焼

  • 美濃和紙

    美濃和紙

  • 岐阜提灯

    岐阜提灯

岐阜県地域産業課
TEL:058-272-8361

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地域において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする国の取り組みです。
あなたの力で地域を盛り上げませんか。

  • どんな取り組みなの?

    地方自治体が移住者を受け入れ、地域おこし協力隊として委嘱します。1年以上3年以下の期間、住民票を移動して地域で生活し、様々な地域協力活動を行っていただきます。

    また、国の地域おこし協力隊制度ではありませんが、過疎対策事業債など独自の財源を活用して同様の人材活用を行っている自治体もあり、県内1市(郡上市)で計5名の方が活躍しています(平成30年3月現在)。

  • 岐阜県からの支援

    県では、地域おこし協力隊員、集落支援員(※)など、過疎地域の地域・集落づくりを中心的に担う人材を育成することを目的とする講座を開催しています(※集落支援員とは、地域の実情に詳しく、集落対策の推進に関してノウハウ・知見を有した人材に、地方自治体が委嘱して集落の「目配り役」となっていただく国の取り組みです)。

    また、県内の地域おこし協力隊同士が人的ネットワークづくりや情報交換などで交流を深めていただくよう交流会を開催しています。

  • 「地域おこし協力隊」になるには

    移住・交流推進機構(JOIN)の検索ページをご利用ください。
    募集状況の詳細は、各自治体の「地域おこし協力隊」担当課までお問い合わせください。

    JOIN「地域おこし協力隊」
  • お問い合わせ先

    地域おこし協力隊に関するお問い合わせは、下記までお願いします。

    〒500-8570
    岐阜市薮田南2丁目1番1号(県庁3階)
    岐阜県清流の国推進部地域振興課
    TEL:058-272-8078(直通)
    FAX:058-278-2562
    メールアドレス mailto:c11143@pref.gifu.lg.jp

仕事探しの前に

各産業に関連する、特色ある技術を学べる県立学校はこちら。

東京圏からの移住支援金

 「地方で起業したい」「地方で子育てや親の介護をしながら働き続けたい」といった多様な働き方・生き方を求め、都市部から地方へ移住しようとする動きがあります。

岐阜県では、更なる移住促進を図るため、国・県内市町村と協働し、東京23区に5年以上在住している方または東京圏に在住し東京23区に通勤する方を対象に、岐阜県へ移住し就業又は起業する際の支援金を支給します。

支援金額 (単身)60万円 (世帯)100万円
主な要件 ① 住民票を移す直前に連続して5年以上、東京23区に在住していた者又は東京圏在住で23区へ通勤していた者
② 平成31年4月1日以降に岐阜県内に転入した者
③ 転入後3か月以上1年以内である者
④ 都道府県が公開するマッチングサイトに掲載された中小企業等に就業又は地域課題の解決に資する事業を起業した者

<問い合わせ先>

岐阜県清流の国推進部 地域振興課 移住定住係または、
各市町村の移住定住担当窓口

※ 東京圏:埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県
※ 上記の詳しい要件や上記以外の要件は、こちらのチラシをご覧ください。
⇒ 事業紹介チラシ(PDF:1MB)

テレワーク施設一覧

H31年1月末現在

ICTを活用し、場所や時間を有効に活用できる柔軟な働き方である「テレワーク」。

テレワーク拠点を活用して、起業・創業をしたり、都市部にいたときと同様の仕事を行ったり、「仕事(ワーク)」と「休暇(バケーション)」を合わせた造語「ワーケーション」として活用したりと、その利用方法はさまざま。

そんな魅力的な働き方ができる、岐阜県内のテレワーク拠点施設をまとめましたので、参考にしてください。

施設名 所在地 問合せ先 リンク先 施設概要 近隣の観光施設
古民家みずのわ 垂井町宮代1794-1 0584-23-3010 河合 info@sento-tarui.org ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:あり ・利用料金設定あり ・利用期間:1時間~OK ・3ヶ月に1回交流イベントあり ・フリースペースの利用可 ・美濃国一の宮 南宮大社 ・朝倉山真禅院
中山七里の郷 のなか庵 下呂市焼石2662‐1 080‐1426‐1032 (担当 中西) nakahara_rdcv@yahoo.co.jp ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:貸出可能 ・利用料金:大部屋 (20畳)1000円/3時間、小部屋 (12畳)500円/3時間 ・利用期間:3時間単位で貸し出し ・暖房器具:石油ストーブ(100円/1時間)、囲炉裏(100円/1時間 ※炭代別途) ・毎月、地域活性化活動を目的とした有志団体(七色の里 プロジェクト)による定例会議を実施 ・不定期で地域活性化を目的としたイベントを実施 ・苗代桜 ・孝子ヶ池 ・中山七里
ソラノイエ 農村滞在型の宿 下呂市蛇之尾1345 0576-20-4093 ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:あり・交流会あり ・利用料金:500円/3時間(コワーキング利用の場合)・利用時間:宿泊を伴う場合、全日可、それ以外は10:00-16:00の間・フリードリンクあり ・下呂温泉 ・白雲座 ・付知峡
下呂市オーガニックワークプレイス (下呂市まち・ひと・しごと情報交流施設) 下呂市森2312番地1 0576-24-2222(内線351) 市長公室企画課 gco000002@city.gero.lg.jp ・Wi-Fi:あり ・開館時間:午前9時30分から午後10時00分。ただし、火~金曜日までの午後4時以降および土日は予約時間のみ開館 ・休館日:毎週月曜日、年末年始(12月29日から1月3日) ・利用期間:1時間~OK ・子連れでも安心して利用できるキッズスペースあり ・起業を応援する委託販売スペース、チャレンジショップあり ・子育て世代女性に向けた就業情報の発信 ・毎月子育て世代女性を対象としたワークショップなど開催 ・下呂温泉 ・下呂温泉合掌村
HUBGUJO/郡上クリエイティブテレワークセンター 郡上市八幡町小野91-1 ■連絡先 0575-67-1844 (担当者:前田) seisaku@city.gujo.gifu.jp ■施設管理 0575-67-9239 (担当者:赤塚) info@hubgujo.com 設備:Wi-Fi、有線LAN、VPNルーター、オートロック(入退出管理)システム、認証式複合機、テレビ会議システム、120型電動スクリーン、21.5インチペンタブレット、3Dプリンター、レーザーカッター加工機、非接触型スキャナー、デジタル製版機、NAS、UPS、電源、手織り機、卓球台、ソファ、本棚、薪ストーブ ・利用料金:月額制10,000円から ・キッチン併設 ・ランチミーティングを週1回開催 ・アイデアソン、ミートアップイベント等を年6回程度開催。全国から集まるクリエーターが地域課題解決型事業に挑戦しています。 ・郡上八幡城 ・郡上おどり ・町家の古い町並み ・吉田川 ・鮎釣り ・スキー場 ・ラフティング ・シャワークライミング ・ジム ・スイミングプール ・ジャグジー ・地歌舞伎 ・寺社仏閣 ・多数の史跡名勝
GIDS 本巣市根尾樽見 0581-38-3055 (担当者:中原) gids.neo@gmail.com ・Wi-Fi:あり ・利用料金:無料(入会審査有) ・ギャラリースペース、セミナースペース、キッチンあり ・宿泊可能な和室、シャワールーム完備 ・滞在デザイナー制度あり ・淡墨桜 ・うすずみ温泉 ・NEOキャンピングパーク
SOZO Trial space ENA 恵那市大井町206-5 0573-26-2111 (担当者:高橋) eiji_takahashi@city.ena.lg.jp ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:あり ・利用料金:コワーキングは6時間まで500円、レンタルオフィスは1時間500円 ・利用期間:1時間~OK ・恵那峡 ・中山道 ・中山道広重美術館
SOZO Trial space AKECHI 恵那市明智町1144-2 0573-26-2111 (担当者:高橋) eiji_takahashi@city.ena.lg.jp ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:あり ・3Dプリンタ:あり ・利用料金:日額:1,000円、月額:30,000円 ・利用期間:1日~OK ・不定期で地域事業者との交流会あり ・日本大正村 ・岩村町城下町
spaseseizo 中津川市落合822 050-3633-4027 (担当者:松下) info@spaceseizo.com ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:あり ・利用料金:1,000円/時間、10,000/月 ・利用期間:1時間~OK ・カフェ併設 ・中山道落合宿 ・馬籠宿 ・苗木城跡 ・椛の湖 ・夕森公園 ・付知峡 ・恵那峡ワンダーランド
そばのカフェおくど 関市下之保1119番地1 0575-36-5542 (担当者:中田 誠志) cbr@ccn.aitai.ne.jp ・無線LAN&電源:あり ・複合プリンタ:あり ・利用料金:お試し利用1時間500円(1ドリンク付)、3時間1,000円(フリードリンク付)、4時間~1,500円(フリードリンク付) ・3時間以上利用の場合はランチあり(予約制) ・高澤観音 ・道の駅平成
飛騨高山お試しサテライトオフィス 高山市上切町26-3 0577-35-3144 shoukou@city.takayama.lg.jp ・Wi-Fi:あり ・プリンタ:あり ・利用料金:無料 ・利用期間:1日~3ヶ月 延長可能 ・古い町並