【公式】岐阜県への移住・定住ポータルサイト 市町村の支援・補助金|地方移住・定住なら、ふふふぎふ|岐阜県 岐阜県

support city

医療支援

特定不妊治療費助成

体外受精及び顕微授精による不妊治療(特定不妊治療)を受けた夫婦に対し、治療に要した費用(保険適用外の自己負担分)の一部を助成

医療支援

一般不妊治療費助成

人工授精(一般不妊治療)による不妊治療を受けた夫婦に対し、治療に要した費用(保険適用外の自己負担分)の一部を助成

子育て支援

保育料助成

同一世帯から同時期に2人以上保育所や幼稚園等に入園している場合に、2人目は1/2相当額を、3人目は全額相当額を軽減するもの。

子育て支援

放課後児童対策事業

保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校1~6年生の児童に対して、放課後に空き教室等を活用し、遊びと生活の場を与えて、健全な育成を図るもの。

子育て支援

病児・病後児保育

病気の回復期等にあり保育所等で集団保育できない生後7か月から小学校低学年までを対象として、専用施設で一時的な預かりを行うもの。

子育て支援

ファミリー・サポート・センター事業

育児の援助を受けたい方(依頼会員)と育児の援助を行いたい方(援助会員)が、会員として登録して子育ての相互援助を行う事業(有料)。

子育て支援

子育てハンドブック

各種子育て支援施策、公園や子育て関連施設のマップ、悩みや困りごとがある場合の相談窓口など、子育てに関する市の行政サービスを冊子にまとめたものをこんにちは赤ちゃん事業訪問時等に配布するもの。

子育て支援

ブックスタート事業

赤ちゃんの健やかな健康を願い、絵本を介して親子が心のふれあう時間を重ねていただけるよう、乳幼児健診の際にサポーターが絵本の読み聞かせをし、絵本をプレゼントしています。また、図書館の赤ちゃん向けイベント紹介を行い、絵本を通じた継続的な子育て支援を行っています。

子育て支援

産後ケア事業(宿泊型)

出産して間もない母子を対象として産婦人科医院や助産院に宿泊してもらい、休養の機会を提供するとともに、心身のケアや授乳等の支援を実施

子育て支援

子育て相談センターの開設

妊娠・出産・子育て期の様々なご相談を受け付け、必要な支援をコーディネートし、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を提供する。

住宅支援 空き家バンク
新築 中古 その他住宅支援

定住促進奨励金

対象経費の1/10(基本上限30万円 ※以下の要件に該当する場合は上限額が加算) ①子育て加算:20万円 ②Uターン・移住加算:10万円 市内で新築住宅を取得し、市外から直接転入した者

住宅支援 空き家バンク
中古 その他住宅支援

空き家バンク活用支援補助金

①改修費の1/2(上限150万円) ②家財道具処分経費の1/2 (上限10万円) ③登記手続き費用の1/2(10万円) ①空き家バンク登録物件を住居として活用するために改修する場合。②空き家バンク登録物件成約後、家財の片付けをする場合/空き家バンクに登録予定物件の家財の片付けをする場合 ③空き家バンクに物件を登録するために登記手続きをする場合

教育支援
小学校 中学校 ICT教育環境

ICT教育環境の整備

一人一台配布されたタブレット端末を学校だけでなく家庭での学習に活用していく。また、遠隔教育に力を入れ、楽しみながら交流、刺激、競争を取り入れた教育を行っていく。

教育支援
小学校 中学校 ICT教育環境

プログラミング教育の充実

人型ロボットのPepperやドローンなどを活用したプログラミング教育の充実を図っている。

教育支援 その他
小学校 中学校

故郷の食材を使った給食の充実

恵那の食材を使い、美味しい給食を食べることができる

教育支援
小学校 中学校 留守家庭支援

地域・家庭・学校との連携

市内全ての小・中学校が地域・家庭・学校が連携して子供達の学校生活を総合的にサポートするコミュニティスクールが設置され、温かい地域の中で成長することができる

教育支援
小学校 中学校 地元交流・ふるさと教育

ふるさと学習の充実

「恵那市ふるさと学習読本」をシリーズで発刊し、子供たち読んでもらい、恵那市をより知ってもらい、恵那市に愛着が持てる教育を実施

教育支援
小学校 中学校 特別支援教育

特別支援教育の充実

就学前から小・中学校、そしてその後の進路まで含めて途切れのない支援を行えるよう、教育・発達相談センター「あおば」を教育委員会内に設置

就業支援 その他

え~なUターンナビ

Uターン希望者と市内の企業を結びつける就職情報サイトです。ハローワークと連携し、恵那市の求人情報や企業説明会などのイベント情報を更新しています。

就業支援 その他

起業支援事業

事業所・店舗等の開設に係る費用の一部を支援する。限度額20万円(創業支援セミナーを受けた場合、限度額40万円)。その他要件有り